So-net無料ブログ作成
アクセスカウンター
前の30件 | -

FUTURE FUNK [ポチった/買っちゃった]

IMG_20190929_195933_1 _W_VGA.jpg FUTURE FUNK!いわゆる衝動買いです。みなとみらいMARK ISを散歩中(散策中?)に見つけました。ロータリードラム式とでも呼べばいいのでしょうか?話題性に富んでいるルックスです。ビンテージ的な要素を持っていて、いつの時代でも通用しそうな新鮮なデザインです。国内メーカーに加え、リーズナブルなので速硬決めました。70年代に同様のデザインがあったが当時は技術が追い付かず、故障が多かったそうな。(店員さん)
 3気圧防水です。電池交換の目安は2年。時計が以外の機能はなく、時報に合わせる機能もありません。まあ、秒針がないので必要ないかも。秒単位で行動される方向けではないようです(笑)。±30秒くらいは、心に余裕を持ちましょう!
 目盛りがずれることがあるようで、修正方法が説明書に書いてありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

BlueDV NORA Interface XRFリフレクター(アクセスポイント編) [アマチュア無線]

 モービル用のD-STARのアクセスポイントとして使用する目的でBlueDV_NORA Interfaceを入手。ハムフェアで購入したので、通常の頒布価格より安く手にすることが出来ました。
IMG_20190928_075544_1 _W_VGA.jpg
 リフレクターについては、数年前から気にはなっていましたが、ID-51Plus2のAPモードでの運用でした。が!…。純正のシリアルI/F(OPC-2350LU、自作も同じかな?)はスマホの電力消費量が半端ないです。更に組み合わせたスマホが、クアッドコアであったこともあり、結構な発熱を伴っていました。
 本機(BlueDVのほう)は、今回新調したオクタコアのスマホとBluetoothで接続できるため、発熱もありません。\(^o^)/
 リフレクターは初めてで、理解に苦しんだ点もありますが、APモードが簡単に出来ましたので、紹介します。
IMG_20190928_075517_1 _W_VGA.jpg
 使用した無線機は、ID-51PlusAniv50、スマホは2018モデルですが、DSDSでコスパの小型・軽量・長持ちAsus ZB555KL 4000mAh(技適)です。余談ですが、たまたまクーポン付きで安かったのでコーティングもしちゃいました。SIMは、イプシム(グローバルIP固定アドレス)。Androidアプリは、NoraGatewayです。

PhotoEditor-20190928144006 _W_VGA.jpgPhotoEditor-20190928144243 _W_VGA.jpg
 上のスクショは、アプリ起動画面で、右のが設定画面です。Bluetoothのペアリングについての説明は省きます。4GLTE回線だけ使用してWifiはOFFです。プロキシサーバーは使用していません。
 コールサインは、D-STARサーバー登録済みのもので、Nora側 "JQ1ZWC A"で、無線機側 "JH1BNX"としています。無線機側の設定は、次のとおりです。DVメモリーにDVシンプレックスとしてレピータリストに登録しておきます。周波数は、Noraアプリと同じにします。
PhotoEditor-20190928233111 _W_VGA.jpg
 左上の画面の状態でカーチャンクすれば、「こちらはJK3・・・自動応答・・」が返ってきます。送受信状態の画面は、次のようになります。
PhotoEditor-20190928165402 _W_VGA.jpg
 左が送信時、右が受信時です。以上で"APモード"の紹介は終わります。いかがでしたか簡単でしょう?
(追記)下の写真は、microUSB-OTGケーブル接続(方向性があるので注意!!)により、電源を省いたハードウェア最小構成の例です。なんかBluetooth接続でなくて良い気もしますが、FT232RLチップの消費電力を考えればこの方が有利なのかもね!?
IMG_20190929_191500_1 _W_VGA.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

IC-9700 マイクハンガーの製作 [3Dプリンター]

2019-07-20 22.47.57_VGA.jpg 蓄光PLAです。やたらはまってます。別に紹介しますが、机周りのワイヤークリップもこいつで作ってます。
 試作3個目でこいつに決定しました。かなり細いですが、中空構造でベース2mm、壁厚1.2mmの、センターに0.8mmの壁を配置していますので、全方向に強度を保っています。なんてな!?強度は知らんが構造はホント!採算取れないが、売れるかな?(笑)
 サポート材なしで構築したかったので、ひっかける部分の設計がめんどくさかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電圧ボリュームのロック [3Dプリンター]

 引っ越ししました。単身赴任でもなくなりました。マイホームも別にあるので、「別宅」でしょうかね。3Dプリンターを押入れにセットしましたところ、騒音から解放されました。閉めると、きっと中は焦熱地獄。今のところ熱暴走などのトラブルはありません。この夏を乗り越えさえすれば、まさにベストぼじしょんです。
 さて、前置きはこのくらいで本題に入ります。新居でIC-9700を箱から出したので、レストアしたDAIWAのトランス式電源を使用しています。センタークリクのボリュームも生きているのはいいですが、軽く回ってしまって不安です。
 解決策として、写真のロック機構を付加してみました。あまりみっともないデザインも嫌なので、何度か試作し、アナログメータにタイトに嵌め込んで固定できるようにしてみました。フィラメントは最近ハマっている蓄光PLAです。
 固定機構は、12分割のローレットに合わせて±15°可変できますので、どの電圧でも対応できます。(でも実際は使いませんが)昔っぽい感じの機構でイイ感じ。
2019-07-20 21.14.25_VGA.jpg2019-07-20 21.16.41_VGA.jpg

2019-07-20 22.51.23_VGA.jpg
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AA-520,AA-600~AA-1400用のハードケース [アマチュア無線]

 超久々の投稿になります。昨年9月から直腸がんの手術で入院したりしていましたが、ここにきてやっと回復感が得られるようになりました。予断でした(^_^;)
 さて、本題のハードケースですが、サイズ的にPelican(ペリカン)1170がピッタリです。2010年くらいに買って工具箱として使用していたものがそれでした。(工具箱とは勿体ない)
 当時は、USAの専門ショップから個人輸入したので安価で入手しました。送料をプラスしても安いです。日本で買うとお高いですよね。
 純正スポンジは3枚構成で、蓋、中、底部と別れています。加工したかったのは、'中'と称したブロック状の切れ目が入った厚さ38mm(268×156×38mm)のスポンジ。
 相手はスポンジなので、こんな紙を印刷してざっくりと目現当でR部分を計測しもって3DCAD化しました。頭が硬いのでしょうか。実はこの計測方法を思いつくまで思いのほか時間を要しました。
2019-03-16 09.24.14_VGA.jpg
 Webで散々検索して、個人取引にも応じてくれそうな2社に見積もり依頼をしてみました。
UFORM_3D.jpg
 しかし、単発単品発注ともあり、CADデータの入稿を条件にするも予算オーバー(1万円越え。ケースもう一個買えるし…)に終わりました。見積もりくださった方々に感謝します。
2019-03-16 08.39.51_VGA.jpg2019-03-16 00.06.03_VGA.jpg
 「そこでケースは考えた。」3Dプリンターを使おう!!おっしゃー!と重い腰を上げ…

「こんなんどうですかね。」とTPU樹脂フィラメントで出力してみました。「柔らかい」と言ってもスマホケースほどの硬さはあるので、高さ4mmほどのループ状にして柔軟性を持たせたデザインにしました。
 そして指定した寸法より小さく出力されるので、ケース内側の突起も無視し、構築最大寸法を超えるサイズで2ピースを余儀なくされた長時間出力を開始しました。27~30時間/ピース。ちょっと厚すぎたか・・。
2019-03-16 08.39.21_VGA.jpg
 【反省】
◆部材厚2mm、充填率60%にしましたが、補強部材を増やしてもう天板を除く部材厚を20~40%ほど(根拠ない)薄くしたほうが良かったかも。
◆透明フィラメントなので充填率100%のほうがスケルトン風で美しいかもね。
◆内側にループは設けず、粘着剤付きのスポンジ貼ったほうが良かったかも。
◆スポンジ加工は、機械で削る、水圧で切る、ニクロム線で切る、レーザー加工?などのほか見た目より高価なスポンジカッターを使う方法もあるようです。色々考えているうちに、画期的な加工方法を思いつきました。少なくともweb上では見当たらない方法です。この方法だとかなりの小型化が可能で、端尺はでますが、なにせゴミが出ません。まずは特許・実用新案出願済みかどうか調べてみます。・・・うぅ、ざっくり検索では出てないような感じですが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ショルダーバッグの修理 [マイナーな体験]

 写真は、お気に入りのPORTERのバッグである。数ヶ月使用したらショルダーベルトの付け根がほつれてきてしまった。修理代は1,500円程度ですが、技能者不足で4ヶ月ほどかかるそうです。新しいものを買うのも何なのでと勿体ないのでそのまま依頼しました。
 実は僕の体も修理(「手術」ともいう。)が必要で、どちらが先に直るかといった長期的なお話になりました。
2018-09-22 13.19.26_VGA.jpg2018-09-22 13.19.17_VGA.jpg

その後


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

ハムフェア会場の外で [市民ラジオ・CB無線(フリラー)]

 フリラーの集まりがあり、交信状況を拝見させていただきました。中学生の時に買ってもらったサンヨーのRP7700でBCLと同時に少しだけCBもかじっていたため、非常に懐かしく思いました。早速物色してICB-707, RJ-410(写真準備中) ,RJ-480Zの未使用品を入手しました。何れも平成34年には使えなくなりますが、そのころには、改造するか新たに購入するか、道は開くことでしょう。
 まだコールサインは決めていません。昔のコールをそのまま使うか思案中です。
2018-09-08 10.53.37_VGA.jpg2018-09-15 10.17.23_VGA.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハンディアンテナ用のスペーサ [アマチュア無線]

 軟質樹脂フィラメントで作った単なるスペーサです。ID-51用にデザイン。
2018-08-27 11.28.58_VGA.jpg2018-08-27 11.29.33_VGA.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12cmPCファンで扇風機 [電子工作]

2018-08-18 22.49.52_VGA.jpg なんだか急に秋を感じる涼しさになりましたが、ENERMAXの静音ファン(DC12V)とカメラ用自在アームを組み合わせて扇風機を作ってみました。以前に換気扇を作ったものと同タイプのPCファンです。
 DCコン内蔵のスイッチBOXには、入力側にMicroUSBコネクタ、出力側はファン用の標準コネクタを装備。PWM制御はせず、ベタで給電しています。高輝度LEDは明る過ぎるので1mA定電圧ダイオード経由にしています。文字盤は、いつも通りCorelDRAWで作ってテプラで印刷。
 DCコンは、アリさんで買った基板をそのまま使ったので、今回の製作は、ケース加工がメインでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DAIWA 安定化電源の修理(その6) [電子工作]

2018-07-14 20.56.06_VGA.jpg 半固定抵抗は、カシメタイプでしたので無条件に全て交換。電解コンデンサもすべて新品に。
前面パネル可変抵抗のセンタークリック位置で13.8Vに電圧を調整(RV1 13.8V)後、負荷をかけてみるとリミッター回路がすぐに働いてしまう感じで使い物になりませんでした。
 計測すると電流制限用の2SC1815のベース電圧が配線図に記載された電圧(10V)高くなっていたため、D2,D3(1S1585)を新品に交換しました。
 次に、リミッター電流の調整ですが、右に目いっぱい回しても最大で29.0Aで働いてしまうため、R21を820kΩから750Ωに換装しました。半固定抵抗と合わせると最大で50kΩ(RV2 MAX)+750kΩですので、もう少し低い抵抗でも許容します。そして例の電子負荷装置(400W)を用いて最大31.0Aでシャットダウンするように設定出来ました(*^^)v
 型番が異なっても制御基板は似たような回路なので、修理される方は参考になさってください。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クーリングファンのコントローラ(その5) [電子工作]

 久々に3Dプリンターの稼働です。クーリングファンコントローラの基板は、アクリルカバーが付いているものの、側面は、むき出し。(写真左)
 気になってはいたものの、デザインを思いつかず、丁度1年間が経過しました。出来上がってみれば単純構造で見た目も良くなりました。

2018-07-09 09.17.58_VGA.jpg2018-07-09 09.34.06_VGA.jpg
 何か取って付けたような感じで不格好!?…なので、洗練化したスタイルにチェーンジ!
2018-07-12 23.41.28_VGA.jpg
 写真は、クリアタイプですが、スモークタイプにするとデジタル表示がカッコよくなるかもネ。

更に


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DAIWA 安定化電源の修理(その5) [電子工作]

2018-06-30 10.01.17_VGA.jpg 電流計と制限電流値の調整用にKUNKIN(中国製)の電子負荷装置(400W)をポチりました。入手したものは110V/220V仕様で、人柱的な発注ではありましたが、日本国内100Vで問題なく使用できました。
 残念なことに取扱説明書は中国語で英語版は含まれていません。が、すぐに何とかなりました。可変CC、CVのほかCRとCWが使用できます。
 残るは精度の問題ですが、付属の試験検査結果には0.5%以内でAgilentとFLUKEで計ったとの記述があるようだが、校正しているかどうかは不明。手持ちのAgilentとPicotestのマルチメーター(これもまた校正期限切れで信用度が低いものではあるが…)と比較しても想定以上の精度でしたので、外観はチープでと言えど、概ね満足という結果です。
 しばらく使用して問題がなければもう一台調達し、400Wx2=800Wとしたいところである。


2018-06-30 09.59.55_VGA.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DAIWA 安定化電源の修理(その4) [電子工作]

 梱包のまま放置された要修理品を取り出して、久々に修理してみました。今回は、破損した4P端子(スピーカー端子)の交換についての内容です。同タイプのものを探しましたが、この大きさのものが見つかりませんでした。端子そのものは見かけ上ほとんど同じなので、取り付け穴ピッチとフランジ部の大きさの違いによる隙間をどうするかが課題でした。
2018-05-19 09.19.44_VGA.jpg2018-05-19 09.21.34_VGA.jpg
 多少悩みましたが、3Dプリンターで作れるアダプタ(と呼ぶべきか)形状を思いつきましたので、製作してみました。珍しく寸法の微調整も無く、一発で成功。印刷時間約20分。
2018-05-19 09.57.35_VGA.jpg2018-05-19 10.07.32_VGA.jpg
 いかがでしょう?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

本格的なインパクトレンチ [ポチった/買っちゃった]

2018-03-18 12.41.08_VGA.jpg タイヤ交換用に日立工機のインパクトレンチとトルクレンチを購入しました。マキタと比較して迷いましたが、将来買うであろう仮払い機を考慮してこちらにしました。価格は、セットで買うより何故かバラでそろえたほうが安上がりでした。本体、電池、充電器、ケース。電池は汎用性があるマルチボルトがお勧めです。メモリ1で仮締め、あとはトルクレンチで数十度回すだけですので短時間で終了です。

 次のガレージ周りの改善は、ジャッキアップ時間の短縮です('◇')ゞ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

久々の電子工作キット製作です。 [電子工作]

格安のオシロスコープキットです。それなりに使えそうですが、たまに接触不良(既知の原因)を起こしますので、オブジェとしてのポストを得ています。
 ハウジングのシールが曲がっていたので修正しました。液晶画面も若干曲がっているのですが、修正は困難です。
2018-01-28 11.21.45_VGA.jpg
2018-01-28 15.05.33_VGA.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

D-STAR・ポータブルAP構築(その2)電源ケーブル編

 PERICANケースに取り付けた電源用コネクタは、多治見無線電機のワンタッチロックコネクタです。こちらもOリングを入れたので、防滴ぐらいにはなっていると思います。
2017-12-30 00.18.34_VGA.jpg
 シガーソケットは、相当昔のカーテレビか何かの流用品です。ケーブルは付属したままの平行線にしていましたが、銅線の腐食が気になったのと、電源への回り込みとみられる現象が発生しましたので、シールド線に変更しました。何度か交信しましたが、この現象は発生していません。
2017-12-29 23.55.05_VGA.jpg2017-12-29 10.38.46_VGA.jpg
 車用のほかに、昔のネットブックについていた電源(DCプラグ5.5mm/2.1mm)がそのまま使用できるように、DCジャックをワンタッチコネクタにドッキングしてみました。内部電源の最大電圧はDC36Vまでですが、一応表示は30Vとしておきました。(特にこだわりなし)
2017-12-29 10.37.01_VGA.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ICOM ID-51用をドリンクホルダに収めてみました。 [アマチュア無線]

2017-12-15 23.18.29_VGA.jpg2017-12-16 07.23.03_VGA.jpg2017-12-25 00.38.43_VGA.jpg
 「アマチュア無線」にするか「3Dプリンター」にするか、マイカテゴリーで迷います。
 ダッシュボードに色々付けて、ハイエースのワイドボディにも、いよいよハンディ機を取り付ける場所がなくなってきたので、ダッシュボードのドリンクホルダを利用することにしました。
 要は、コップみたいなものに入ればよいと思い、試作を始めました。「…始め??」そうです。試作6個めでモノになりました。ID-51のCADデータでもあればよいのですが、当然無いので、寸法計測はアバウト。微調整のための施策回数も含まれています。
 大変なところは3Dプリンターの受け持ちなので、1個当たり21時間かかっても別にどうということはありません。たったの6日間です。
 挿したままで充電できるように、側面に"コネクタ挿入口"を設け、運転席から見やすいように30度の角度を付けました。また、クリップで挟み本体を固定することが出来る"斜壁"を配置、クリップ先端の突起が引っかかる穴を設けてあります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カーナビではなくCAR NACI [マイナーな眺め]

2017-11-30 21.03.07 _W_VGA.jpg 友人の助手席に乗ったら、ダッシュボードにカーナシがありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

D-STAR・ポータブル・アクセスポイント(ポータブルAP)を構築してみました。 [アマチュア無線]

2017-12-04 16.49.07 _W_VGA.jpg2017-12-04 16.50.55 _W_VGA.jpg
 今年9月まで使用して引退させたAndroidスマホ(X-Peria C1 Compact, Sim Free)を利用したD-STARのアクセスポイントをポータブル用にケースに収めてみました。ケースとして選択したPELICANの1150は、90~100円/$くらいの円高時代、個人輸入して保有していたものです。日本で買うとお高いですよね。
 ケースが防水なので、コネクタにOリングを挟んだりして多少防水性能を意識してみました。テストはしていませんが、防滴以上の性能を発揮すると信じています。
 DC13.8V供給で、左のLi-ion(10.8~12.6V, 9800mAh)充電用の電源(DC12.6V)とスマホの電源(DC5V)をスマホの裏に内蔵しました。ID-51Plus2の裏には、M型コネクタ変換プラグ(N,SMA,BNC)3種類を収納可能です。
 ケースが樹脂なので普通に密閉されているL型モービルコネクタを採用しました。そして、それなりのデザインのステッカーを貼って完成です。こいつを単純に”ポータブルAP”と命名しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3Dプリンターの水平出し精度向上 [3Dプリンター]

2017-11-24 07.49.39 _W_VGA.jpg2017-11-24 07.51.01 _W_VGA.jpg
 自動レベリングを装備していない(できない)機種なので、従来の水平出し方法に加えて、ダイヤルゲージを使って、相対的な誤差を少なくする方法を考えました。
 使用したのは、ミツトヨの中古ダイヤルゲージ(1/100)で相当な出費を抑えました。固定は、M6のステンレスのアナボ(「六角穴付きボルト」または「キャプボルト」)1本です。試作の結果、ABSの部材厚を3mm以上が望ましいことがわかりました。幅を20mmで製作して使えますが、もう少し幅が広いほうが扱いやすい感じがしますので、時期を見て作り直そうと思います。
DialGageBase_3Dimg _W_VGA.jpg
 当装置は、XYのスライド軸に平行で、相対的な高さをそろえられるだけですが、あとは、樹脂の吐出量を見ながら調整ネジを同じ角度だけ回し、プラットフォームの高さを微調整をすればよいわけです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3Dプリンター不調、エラー頻発 [3Dプリンター]

2017-11-13 01.39.19_VGA.jpg2017-11-13 01.50.43_VGA.jpg
2017-11-14 22.33.10 _W_VGA.jpg2017-11-14 22.34.57 _W_VGA.jpg
 起動時間が遅くなってきてしばらくの間使っていましたが、日本語メニューが表示されなくなり、印刷時初期段階でエラー終了が頻発するようになりました。
 サポートに連絡すると、すぐに返信があったのですが、裏蓋を外してTF(MmicroSD)カードの内容を書き換えてくださいとのこと。
 早速開けてみるとToshibaのmicroSD(16GB)がシリコン接着剤で思い切り固定してありました。ちまちまピンセットやつまようじ等を駆使して何とか削り取り、それでもなかなか外れず、20分くらい格闘しました。振動で外れることを防止するためとはいえ、配線固定用のテープで止めるとか、何か他の方法があったでしょうに。日本製ならあり得ない対処法です。
2017-11-14 22.35.12 _W_VGA.jpg
 念のため、フォーマット(FAT32)してから、ダウンロードしたファイルを保存し直し、無事修理完了しました。(はぁ)
起動が遅い時点でファイルが破損していたんですね。
 以上、修理報告です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3Dプリンターのプチ改良 [3Dプリンター]

 所有しているFLASHFORGE INVENTRORですが、収納できるフィラメントのリールサイズが小さく、シャフト径も細いタイプでないと使えません。対応するのは純正品のみです。

 簡単な治具を作り、純正の空リールにまき直しも試しましたが、巻癖がついており、大径から小径に巻くため、ある程度のテンションを常にかけていないととんでもないことになります。

【解決策1】ーーー設計中

 テンション付きの巻き直し治具を作る。

 (案1)テンションにトルクモーターを使用した構造

 (案2)巻出しリール側に回転抵抗を付した構造

【解決策2】ーーーほぼ完成(写真)

 外付けで社外リールを取付できるハンガーを付ける。

 概要:純正上蓋に隙間を開けて、そこからフィラメントを取り込む構造

 正面、背面の長尺部品以外の固定は、本体無改造にしたので、勘合は出来上がり寸法、め込み精度を確認しながら数回の試作を繰り返しました。左右サイドに回転する長尺のローラーを装備してエッジで引っかからなくなるようにしています。(写真では右側のみ)また、外付けを使用しない場合は、ローラーを付けたまま隙間カバーを差し込めるような構造にしました。材質は、すべてABSにしました。
2017-11-24 09.25.37 _W_VGA.jpg2017-11-24 09.16.10 _W_VGA.jpg
2017-10-20 19.53.08 _W_VGA.jpg2017-11-24 09.35.19 _W_VGA.jpg
 「解決策1」も必要なので、早いとこ仕上げたいところです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三渓園(横浜)に行ってきました。 [メジャーな眺め]

 横浜市中区本牧三之谷にある三渓園に行ってきました。Ingressのポータルが沢山あります。(興味ないか)

思い付きで行きましたが、JAF会員証で100円割引を受けることが出来ました。
 鮮やかな紅葉をイメージしていましたが、残念でした。しかしながら、各地から移設した歴史的建造物は魅力的なものです。写真は紹介しきれないので、代表的な一部をアップします。撮影範囲(立ち位置)が制限があるので、広角レンズが必要ですね。

2017-11-03 12.00.16_VGA.jpg
2017-11-03 12.05.35_VGA.jpg
2017-11-03 12.53.50_VGA.jpg
2017-11-03 11.53.21_VGA.jpg
にゃんこ先生もお出迎え
2017-11-03 12.26.29_VGA.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

中古ですがBOSEのCDプレーヤー [ポチった/買っちゃった]

2017-10-28 09.23.40_VGA.jpg BOSEのCDウェーブレディオCDを入手しました。知ってはいましたが、小さいのに重低音が効いて良い音です。写真では大きさが良く分かりませんが、外形寸法:355(W)x111(H)x216(D)、質量:3.4kgです。
 15年も前のモデルですが、見劣りしないデザインで、問題無く使えているので大満足です。
 アンテナが無くてもNACK5やNHKは受信できますが、TOKYO FMが弱いので、本日AmazonでF型コネクタ付きのロッドアンテナをポチりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

特定小電力トランシーバー [ポチった/買っちゃった]

2017-10-28 13.58.48_VGA.jpg アマチュア無線のカテゴリーからは外れますが、安かったので特定小電力無線機(通称「特小」)をやたら買ってしまいました。
 中央の中継器は、FTR-301Mで、左すぐ隣のFTH-301M(11ch+中継18ch)とセットでフル活用できるものですが、トーンスケルチ、DCS等特殊な機能を除けば、最新の20ch+27chと互換性がありましたので、普通に使用できます。
 中継器を屋外に付けるべく、アンテナごと包み込む防水ケースを現在開発中です。

右のFTH-508(2台)はシリーズ最強モデルです。左隅のFTH-107と比較するとかなり薄型でコンパクトになっていますが、新品なので実使用するのが勿体ないです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2本のアンテナを2台のリグで使用する。 [アマチュア無線]

2017-10-10 01.17.42_VGA.jpg CX-210(DIAMOND)を4個使わないと出来ないのですね。もっと画期的な機器・接続方法はないのだろうか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SWR&パワー計を使ってみました。 [アマチュア無線]

2017-10-10 00.50.13_VGA.jpg 中古で入手したKENWOODのSW-200(写真上)です。しばらくの間、お飾りでしたが、先日棚から机の上に落として一番右のレバーを欠損してしまいました。

 プラリペアでの接着を2回試みたものの、失敗に終わりました。ダメもとで、スイッチ側(金属貫通手前まで)、レバー側ともにφ1.4mmの孔をあけ、M1.4mmのSUSネジ約8mmを埋め込んで、メタルロックで充填接着したところ、レバー操作に必要な強度以上、良い結果が得られました。

 これを機にカプラーを接続してみました。背面にDC12Vを供給するコネクタがあるのですが、センターマイナスで、危うく壊しそうになりました。更に、電源供給しなくてもSWR,パワー計ともに動作するので、DCケーブルは照明のため?
 写真は、WriesXノード用FTM-400Dの10W出力で、16Wを示しています。
 下に鎮座するは、中々市場に出てこない新品購入のMFJ-828です。キャリブレーションが不要なので、ATU使用時に重宝していますが、取扱説明書は英語版のみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FTH-301M用のボリュームツマミを作ってみました。 [3Dプリンター]

FTH301_ツマミ_VGA.jpg
 中古の特定小電力トランシーバー(YAESU FTH-301M)を入手しました。ボリュームスイッチが硬く、強く数回、回したら、破れてしまいました。一旦引き抜いてから、シリコングリス等を塗ってから使用すればよかったと後悔しています。

 破損部品の販売は無いかと調べましたがありませんでした。ショップやメーカーに問い合わせればあるかもしれませんが、とりあえず思いつきで3Dプリンターで作ってみました。

 使用したのはフレックスタイプのフィラメントです。充填率100%で内側のサポート材の除去に多少苦労しましたが、一発でうまくいきました。防滴構造の命である鍔部分をうまく再現できなかったので諦めていましたが、寸法もシックリいったのでシリコングリスでそれなりに防いでくれそうです。

 ツマミの先端(頂点)が最終スライスなので糸を引いた跡が残ってしまいましたが、見つめる人もいないので良しとしました。強度も十分あり、耐久性も問題なさそうです。左がオリジナル、右が作ったもの。表示されているノギスの寸法値はツマミの大きさを視認するためもので、数値に意味はありません。
2017-10-08 12.56.16_VGA.jpg2017-10-08 12.57.37_VGA.jpg
 前より新しくなった気が・・・・・。


2017-10-08 12.59.15_VGA.jpg

タグ:FTH-301
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Agiletのデジタル・マルチメーター 34401A (6 1/2桁)の中古品を入手しました。 [ポチった/買っちゃった]

 入手価格の公表は控えますが、"6 1/2桁"クラスでは、間違いなく掘り出し物です。外観が綺麗なのと、プローブ、電源ケーブルなどの付属品はないものの、RS232CはもとよりGPIBインターフェイスが付いています。マニュアルの付属もありませんでしたが、こちらはダウンロードできるので全く問題はありません。最近のは、起動が早いのが良いです。
 2017-09-28 23.25.57_VGA.jpg2017-09-28 23.28.37_VGA.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

YAESU(STANDARD)VX-3用のクレードルを作ってみました。 [3Dプリンター]

VX3_スタンド_VGA.jpg

 単純にVX-3が机の上でコケないためだけの目的で作りました。約2時間。
アンテナも外した時に転がらないように、差しておける構造です。構築壁の補強にもなっています。
2017-09-24 15.59.23_VGA.jpg2017-09-24 15.55.45_VGA.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。